外に出てみる

f:id:ikke-gosh:20170627225706j:image

高校3年くらいからだろうか、何もかんもやる気がなくなったというときは部屋に引きこもってあー俺はダメだダメだーとツイッターをスクロールしながら自己嫌悪に入る癖がついている。

これは暇なときほど起きる。社会人になってからは、仕事終わりに12時半ごろになってから自己嫌悪に入り、4時くらいまで親指をスマホに滑らせ続ける。昨日は、4時になっても眠くならなかった。あー、もうダメだ。今日も仕事だけどもう寝ないわ。そんな気分だ。

4時半ごろになると鳥たちの声が聞こえる。スズメのピーチクパーチクという声。あれ、4時ってもう朝なのか。

どうせもう寝られないので散歩をすることにした。外を歩くなんて社会人になってから、いや大学の間も一人ではしなかったんじゃないか。

僕は小学6年の時にここに引っ越してきてからずっと同じ場所に住んでいる。中学生の頃の通学路を散歩してみた。

実は、中学を卒業してから初めての体験だ。自転車や車で通ることは何回もあるが、この道を歩いたことは卒業してから一度もないように思う。

 

久しぶりに歩くなぁ。スズメが鳴いてる。

まだ4時半だっていうのにもうこんなに明るいんだなぁ。早起きしたみたいで気持ちいい。

通学路の道を進むと思い出がたくさん落ちていた。ソフトテニス部の友達と待ち合わせした場所。遅刻直前の時に緊急で集まる場所。2万円を拾って大騒ぎした場所。後輩にボコボコにされた場所。ゲリラ豪雨でセーラー服がスケスケになったのを凝視してた場所。ヤンキーがセックスしてたトイレ。道路脇で死んでたスズメを埋めた荒地は一軒家になっていた。

50mおきにそこのエピソードが溢れてくる。

所々新しい建物が建ったり、建物が潰れたりしてるけど、ほとんど中学の頃と変わらない景色だった。懐かしいな、楽しいな。

帰り道に思う。俺って後悔するような人生は歩いてないよ。過去の一瞬一瞬は楽しくて欲求不満でぶっ飛んでた。将来やりたいことないなんて中学校のときから変わってないし、今は今で結構楽しいよ。

俺の人生、そんな自己嫌悪に陥ることないよな。外を歩いたら分かったよ。

部屋に帰ったら鳥の鳴き声がスズメからカラスに変わっといた。今日は燃えるゴミの日だからなー。

 

3時間だけ寝た。