年末の忙しさが止んで年越が迫る

大学最後の演奏会が終わり、部活はもう半分引退したようなものです。

4年後半はメイン曲のマーラーがどうしても好きになれないのともう社会人になったらチェロしないかもなって気持ちでグダグダやってたので達成感はないです。やる気のない自分がトップやってて申し訳ないけど代わりもいないし、ここまで続けたら最後までやり遂げることに意味があるとおもったので何とか投げ出すことはせず終わりました。

演奏会が終わってから2日間にかけて中学や高校の友達と再会して互いの近況について語り合いました。周りの近況を聞いて自分は彼らよりも周回遅れで走っていると気づきました。周りは勉強や働くことに関しての意識がしっかりしてその分地に足がついていて自分のことを考えられていて僕は自分が恥ずかしくなりました。

僕はこの1年就活が嫌で部活に逃げて、結局たまたま流れ着いた企業に入ろうとしているし、留年の危機に対してもぎりぎりになるまで見て見ぬふりをしてしまったり、自分の将来に対して無関心を装いつつ、恐怖し絶望していました。

そして出来上がったのがこの現状。興味ない会社でバイトして興味ない卒論を仕上げなきゃいけない。楽しくなさすぎる。。。どうしたら楽しくなるんだーーー!!

でも、働いて金銭的に自立したらまず何かやりたいことが分かってくる気がします。

そのためにバイトをコツコツやりながら店舗経営のことをまずわかるようになるのが目標でしょう、多分。地に足つきたい。

あと、僕はおそらく日本のサラリーマンと相性悪いから自分で稼げるようになる活動をしたい。それも人を幸せにできる仕事で。おそらくドラッグストアってそうはならない。セルフメディケーションを支えると歌っておきながら宣伝する商品は効果の怪しい美容品なうえに、ぱちもんの安値な自社ブランドを売って客を呼び込むばかり。こんなことで地域の健康安全を守る企業になれるわけない。新卒で入るところでは社会勉強では入るけどその商売の悪い部分は見習わずにいたい。

僕にできることはなんだろう。。。自問自答して来年の目標を明確にしたいなあ。