読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の軸を持たねば

最近、僕は軸を持たなければ周りにおいて行かれてしまうんじゃないかという感覚になる。僕がネガティブな気持ちになってしまう原因のほとんどがこれだと思う。

自分の中に軸があって物事を考えられる人は自分の個を持って他人とぶつかったり、自分の考え方を深められる。僕の周りの尊敬できる人はそんな人が多い。

僕の考え方の軸って何なんだろう。

 

日岡山のタバロイドというお店に行ったときに自分の軸のなさを痛感した。

タバロイドの店主は僕が経済学部の学生だと知るとマイナス金利について説明してみてよと言ってきた。僕は

マイナス金利についてはネットニュースで検索して知識があったので、経済を活性化させるために日銀が行った金融緩和政策でインフレを起こすために行うものだ」

と答えた。

でも店主が知りたいのはそんなウィキに乗ってるようなことではなくて、それに対する僕の意見だった。僕は、

「短期的には経済が発展するかもしれないが長期的には日本国債に影響され僕たちの保険料が高くなったりするので、経済が止まるかも。。。」

みたいなことを言った。

店主はそれでも不満だったようで、「

安倍政権はくそ!黒田はむりやりアベノミクスを起こしているだけだ。ただ、今まで銀行は日銀にお金を預けることでリスクの高い投機をしなくても生き延びられたが、それが不可能になったので銀行と市民の取引が対等になった点では評価する」

といった。

僕はそこで店主は意見を持っていてすごいなあと思ったが、実際は僕が平べったくしか物事をとらえていないだけだった。

店主は功利主義+弱者の救済のような観点を持ってマイナス金利を批判したが、僕はただただマイナス金利をぼーっと眺めていただけだった。

今は店主に勧められてた「アニマルスピリット」を読み進めている。ここで経済的な僕の軸がみつかるかもしれない。。。