仕事研究セミナーに参加して

今日は、岡山の地元で内定を頂いたZ社で研修を受けた。

同じ新卒で入ってくる同期たちは、あまりパッとしなかった。僕の隣に座ってたひとはちょっとタイプだったけど。

岡山なのか日本人の特性なのか知らないけど、
ワークをする場で自分が人見知りであるように振舞って無口でいるひとが嫌いだ。

こういうのはお互いコミュニケーションちゃんと取れる段階に早く発展してそこからディスカッションしないといいものは生まれないのに、なんでそれに参加しようとしないわけ?

アイスブレーキングを俺が突然始めたら良かったのかな?最初は面倒だった。

商品棚作りの仕事体験はなかなか面白かった。客からするとあまり意識してなかったけれど、店にある棚やその配置にはそれぞれ意味があって
それを作るっことはクリエイティブなことだと分かった。

店はメディアであり表現であるということだ。
小売の現場というのは、単純作業で待つ仕事だというのではないことが僕には意外で楽しかった。

研究会が終わった後、自分の現状を相談した。小売業はつらいのか、ということだ。
僕は今父にザグザグに入ることを反対されている。話し合いの末、お前がそれでいいならもういいよという感じにはなったのだが
自分のモヤモヤを整理したかった。

Z社は今後生き残れるのか?
小売業は、ドラッグストアは今後どうなっていくのか?

人事の方は丁寧に答えてくれた。
業界と会社の今後の話はまだ自分の中でまとめられないからまた別で書きたいが、

人事の方から伝わってきたのは、
俺はこの仕事が好きで納得して働いていて、幸せだよ。
俺の会社は成長の余地がまだあるし、地元の支えになれるからそのために今課題に取り組んでいる。
俺は小売業が好きだ。

という気持ちでした。
多分あの場にいた社員の方はみんな幸せでそれでいて課題にも取り組んでいるんだろう。

くそぅ、それで俺が思ったのは俺も好きなこと職業にしたいって気持ちだった。
俺はチェロ好きなんだもん。出来ればそれを職業にしたいよって。
そこを諦めて入社するということが自分の中では引っかかっているんだろうと思った。

答えは出ない、出てるかも知れないが怖い。
自分を納得させるためにまだ深く考えたい。

オーケストラの飲み会の目的

オーケストラの飲み会の目的というのは何かと思う。
人と人が仲良く交わり酔って楽しむのは楽しいことでそういうスポーツとかセックスみたいな何も考えなくていい楽しさはあると思う。
オーケストラの飲み会は割とそれが目的な気がして、それが思い出になって後日それを笑い話にすることを楽しみにしている。
今までの自分は周りの人の影響によってそれを目的になってしまっていた。
しかし、それは自分の成長に特に繋がらないと思う。 そういう楽しみ方は周りと関わっているようでただ自分が楽しくなっちゃってるだけのオナニーだな。

オナニーはもう飽きた、それ以上のパフォーマンスを目指したい。

飲み会にはもっと個人的でレベルの高い目的が必要だ。
それは、自分の尊敬する人と話しやすくなることだ。
普段、僕らは口を閉ざして楽器という道具を使って表現しているだけに、音楽活動を口での表現することは多少不慣れだ。
それに尊敬する人と一緒に音楽はしているのだけど、その人と軽く話せるかというとそれは違う。緊張してしまう。
だから、ちょい酔ってお互いの距離が近くなった方がその人たちと音楽しているときと同じくらいの距離感で話せるからいいのだ。

結局飲み会の後は自分が興味持った人としか音楽しないし
これからは自分がこの人から学びたいという目的で飲むように心がけよう。
そのためには自分が魅力的であることは示すことは大切だけど、騒いでよい狂うようなことは必要ないし効率悪い。
それよりちょい酔いくらいで自分の熱意を強く伝える方がいいと思った。

それが昨日の飲み会の場でできなかったのは最悪だな。反省。

京大オケと弾いて感じた差

京大さんと自分たちの違いってやっぱ主体性だと思う。
技術は確かに差があるけど、それ以前の問題。自分は多分技術は京大さんには叶わないけど、発信力は負けてないと思うし対等な関係で音楽できている感じがする。
でも、チェロの他のみんなは負けちゃってびびってる気がする。気がするだから、なんともいえんが恐らくそう。
だから、今後の僕の目標はみんなに主体性をもって音楽してもらうことだ。
今まではここをこう歌ってほしいというように答えをすぐ出してしまっていたけど、
今後は答えのヒントを渡すようなことをしたい。
それと似たようなことで、自分で曲解釈することが出来るようになればいいの良いと思う。
それは俺もまだ浅はかだとマイスターで思い知った。 巨人は深く読めばどこまでも解釈できる曲だと思うから、それぞれがこの曲のことをもっと理解できたらいいと思う。
3チームくらいに分かれて解釈ディベートみたいなことしたい。。。
自分の中に表現したいものができれば、それがチェロを弾くという単調な動きの中にもそれが見えてくるかなと思う。
俺たちには伸びしろばかりあるね!

音楽で生きていく相談をした そのアンサー

音楽で生きていくにはどうしたらいいんだー!

と思って、チェロを習う先生にラインしたらめっちゃ丁寧な返信が来た。

 

その返信は俺だけのものだからネットなんかには載せないけど、その返信への俺のアンサーは載せようと思った。

 

今の俺は中途半端だと思う、でもそれを受け入れてそこから変わっていくしかねーじゃんさ。

 

 

丁寧な返信ありがとうございます。

音楽で食べていくのは難しいことだと周りの人から聞きますし、プロの方を見ていても感じます。

一方でプロにならなくてもアマチュアとして活動すればいいとも考えましたが、このまま就職をして新卒で会社で働いていけば、
きっと音楽から遠ざかっていくのだとも実際働いている周りを見ていて感じています。

このまま中途半端な気持ちで就職してしまうよりも、好きなことで生きていくチャレンジをしたいと考えています。


周りを見ていて自分の軸がブレてふらふらしている今の僕は今中途半端です。
先生へのラインも唐突ですみませんでした。

でも先生の文章で自分が周りに根性を示すことが自分を本気にさせる方法だとわかりました。
次のレッスンのときにまたお話しを伺いたいです。

長文失礼いたしました。

わかんないなら動くしかない

自分の気持ちなど分からない。
自分がどうありたいか、したいかが分からない。
あるのは薄っぺらい欲望ばかり
チェロを弾き続けたいのか、
彼女と一緒に暮らしたいのか、
お金をたくさん持っていたいのか、

なんで、こんなことになったのか。
意識高い系の人事部は
小売業の仕組みを変えていきたいとか語ってたな
そんなことが大真面目に言える人が信じられない。
俺は自分のことで精一杯だ。
周りに幸せを届けたいって考えて生きれたら幸せなんだろう。
じゃあニトリには入ったら幸せなのかい?
それはまた違う話。やってみなきゃ合う合わないあるじゃん。
ま、自分がやりたい方面それぞれに向かって行動していくしかないじゃん。

親と自分の価値観

今日親と電話した。

就職課にいく約束をしていたが忘れていた。

就活はやっぱりやる気にならない。

 

そう言いながら、実は介護士になろうかと最近考えていて 今地元の介護施設に見学に行く準備をして連絡を取っている。

でもどこかそれに逃げのような負い目を感じている気がしていた…

 

親と話していて何故自分がそう感じるか分かった。

親は就職した後は僕がもっと大きな世界に羽ばたき、グローバルに活躍することを望んでいる。

それは社会のグローバル化に伴い、日本企業が海外進出をばんばんしているこの時代に乗り遅れない方がいいのではないかという憂いがある。

これから社会人は世界の共通語である英語が必要で、会社の中でも自発的に行動して外に出て行くべきだ!!

そんな親の気持ちが分かった。

 

僕は本当にそんなことが自分の望みなのか分からない。

そりゃあ親の言うような野望を実際持つ若者のことはかっこいいと思うが。

そこで営業一筋らしい親に聞いてみた、

「仕事で楽しいと思うことは何?」

それはズバリ営業先の人に自分を認めてもらったときらしい。その時に彼は自分の価値を感じるらしい。

それと結婚して親として俺と妹を大学にやれるまで育てたことが誇り?らしい。

 

うーん、俺はそんなことに喜びは感じないかもしれない。

僕は多分仕事が成功しても、ノルマやっと達成できた。しかし、反省点ばかりだ頑張ろうという感じに兜の尾を締めるタイプだから

人に認められるっていうのはなんか俺はまだ出来てないのに勘違いされたような悔しい気持ちになるのだ。

 

そして子どもを大学にやることに喜びを感じるというのも訳わからん。

僕は子どもとコミュニケーションを取って、子どもがやりたいことやらせてのびのびしてる様を見ていたい。

単身赴任して偶に会うくらいで

子どものステータスに喜びを感じるのはずれてる気がする。

もちろん、親のステータス的な意味以外にもあると思うけど、

ちょっと僕とは価値観違うな。

 

親と話し終えて、

僕が今まで就活で悩んでたのは、親に言われた価値観が自分の価値観だと思いこんで行動していたからなのかもしれないと思った。

 

僕が今社会に出てしたいことは、

まず彼女と二人三脚で生活していきたいことだ。

そのために転勤などはなるべくない仕事に就きたい。今の時代インターネットがあるのだから、仕事の理由で自分の慣れた土地を離れて遠距離恋愛で生活したくない。

例え、少しお金が少なくても安定して地域密着型で生きていきたいのだ。

 

ちなみに今僕が感じている負い目は、介護士になるとグローバルに就活してる奴らより多分初任給が5万程開きがあり、介護士は平均年収も額面で明らかに東京より少ないことだ。

お金のない貧乏な生活が本当に俺にできるのだろうか。

今連絡を取っている介護施設にそこらへんをもっと詳しく聞きたい。

僕は本当に地方で悠々自適に暮らせるの??

 

 

サマーコンサート終演

サマーコンサートが終わった。

曲目はフィンランディアペールギュント、シェヘラザード

すべてトップで出演した。

先生がチェロパートをほめてくださり大変光栄に思っています。

OB様の意見も総括すると

「ソロは糞だが、パートは過去最高」

とのたまりやがっていたので、光栄です。

 

今回の大きな反省は計画性。

僕は今までのトップが頭でっかちで細かい決まり事でネチネチしてるのが嫌で

この半年間は自分のやりたいことや周りの意見に従ってパートを運営していたと思います。

うまいOBを呼んだり、他パートと合わせたり、演奏会を聞きに行ったりと

色々な新しい取り組みをしていきました。

しかし、やりたいことがあってもそれが空ぶってたり

弓順とか音程など基礎的な部分がおろそかになることが多かったです。

これは自分が思い付きで行動する前に一度

この行動によるメリット、デメリットを管げなかったのが悪いです。

思い付きだけではなく、それを計画に落とし込むことが大切です。

 

一番支障が大きかったのはソロです。

ソロパートはまじめに向き合った時間と試行回数が大事だと思い知らされました。

計画的に半年前から1小節ずつ取り組んだFGは本番もリラックスしていました。

しかし、強化練習前に危機感を抱くようなレベルの僕は、

本番も急ごしらえのような印象になってしまいました。

自分の見せ場は1小節1音単位で育てて、計画的に仕上げる。

これが本当に大切だと気づかされました。

 

もう一つは常に力を抜いて自分の音よりも響きを感じることです。

シンフォニーホールで弾いたとき自分が響きを殺していることにハッとしました。

普段の練習から大きい空間を響かせることを考えて弾けば

僕はもっと力を抜いて広い響きを出せる。

弓で弦を震わせ、箱を響かせ

それによって空間を響かせるのです。

 

ふう、自分語りオナニー気持ちいいわあ おわり